諏訪湖周辺を観光してきた「白鳥歌野は勇者である」「ゆるキャン△」のライトな聖地巡礼

久しぶりに行ってきました。聖地巡礼。タイトルにも書いてあります通り、「白鳥歌野は勇者である」という、 ざっくりと説明すれば神々の争いごとに 巻き込まれた人類が、絶望的な環境の中でそれでも生きていこうとする物語なのですが、その物語の舞台となった諏訪大社と、それとは別に「ゆるキャン△」という女子高生がキャンプを楽しむアニメがありまして、それの5話でヒロインのかわいいアウトドア系な女の子、しまりんさんがキャンプをした場所である、高ボッチ高原へ行きました。とてもよかった。

「白鳥歌野は勇者である」に関してはライトノベルで読んだ情報を頼りに、”諏訪大社上社本宮”を見ていきます。この周辺が物語の舞台となっていて、どうやら歌野さんの畑がすぐ近くにあるという設定らしい。

白鳥、藤森の記述が・・(敬称略)

「白鳥歌野は勇者である」には、2人の女の子白鳥歌野さん、藤森水都さんをメインに描いている作品なのですが、ここに書いてある名前がもとになっているのではないか?という噂を、ほかの方のブログで拝見しまして。真相は未だ謎?

御柱。諏訪大社上社本宮には4本ある。

物語上では、御柱で囲われている場所が結界となっていて、敵の神から人類を守るバリアみたいな役割として出てきますが、現実ではこの柱がどういう理由で建てられたのかはハッキリ分かっていないらしい。

神社を後にし、そば屋へ。歌野さんと水都さんの好きな本場の信州そばを食べに行きます。

自分、味覚音痴でまともな食レポは無理ですが少なくともこれが嫌いな人はあんまりいなさそう。薄味というわけではないですが味が繊細なので、マックのフライドポテトなんかを持ち込んで一緒に食べたらジャンキーな味付けとかで全部持ってかれると思う。(そんなことしたらそば屋の人にすごい怒られそうだけど。)

その後、諏訪湖を眺めに・・(iphone6+のカメラだけど、めっちゃきれいじゃないですか?)

ここで、一緒に巡礼していた友人に「高ボッチ高原すぐ近くにあるらしいですよ?」とほのめかされ、これは行くしかない!ってことで、急遽向かうことに。

高速道路のパーキングエリアで売られていまして、アニメショップや、通販では基本買わないのですが、こういう普通の場所に不意打ちで置いてあるとつい買ってしまいます。

途中迷ってごみ処理場についた。

車がすれ違えるかあやしいくらいの、かなり道幅が狭い峠道をひたすら登り続け到着。結構すれ違い大変なのでバイクで来ることをおすすめします。

ぼっちでボッチ登山・・(セリフ)

到着するころには、すっかり夜に。でも、夜景的にはこの時間がベスト。

カメラでは微妙な映りですが、感動して30分くらい眺めていられる。ってくらい綺麗でした。山に登って観に来るだけの価値は間違いなくある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です