「結城友奈は勇者である」の聖地巡礼日記。2018年11月5日【1日目】

結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)聖地巡礼1日目。観音寺周辺。

 

はじめまして、最近ゆゆゆを見始めた新人勇者です。今回、友人の東郷さんと、最上さん、ハヤテさん、ココナさんと一緒に聖地巡礼をさせていただけることになり、恐縮ながら参加させていただきました。下調べ何もしてませんでしたが、いろいろ教えて頂けまして楽しめました。最上さんと、はやてさんには車も出していただき、本当にありがとうございました。

Let’s Enjoy KAGAWA LIFE!!

 

三好夏凛アパート

最初に回ったのが三好夏凛のアパートです。かなり見つけにくい住宅街の中にあるのですが、この辺は最上さんのナビでスムーズに回れました。周りには普通に民家があるので、車の中からの撮影。

 

讃州中学(観音寺中学)

讃州中学こと、観音寺中学です。授業中だったので不審者と思われないように車の中で撮影しましたが、「いや、それでも十分に怪しいだろ!」って結論に至り、逃げるようにその場を後にしました。通報されてないことを祈ります。

 

若松屋本館(ワカマツヤ)

そして、本日宿泊させていただきます、若松屋さんです。一旦荷物を置かせていただきます。

若松屋さんは、作中に出てきたわけではありませんが、ワカマツヤの番頭さんが、ゆゆゆ勢に理解のある方で、聖地巡礼で泊まるといえば、定番の宿になっています。

受付のフロントですが、さっそくゆゆゆ全開。ワカマツヤさんは宿泊施設でして一般のお客さんも来られるのですが、堂々とフロントの目立つところに飾られているあたりに、ゆゆゆ勢を歓迎している気持ちが伝わってきます。

聞いた話、パネルはファンの方々から寄贈された同人グッズらしい。ゆゆゆを愛するファンの手によってこの聖域は成り立っているんですね。

 

さんちょ「ヨ゛ロォシグゥ」(CV:花澤香菜)

 

三架橋

そして、荷物を置き終えて身軽になったので再開です。

若松屋さんの近くにある、三架橋にきました。

三架橋で、犬吠埼風さんと樹さんが歩いている場面が心に残っています。犬吠埼姉妹といえば、4話のストーリーで、樹と風が朝食を食べるシーンにて、樹が唐突に「ありがと」って言うところが好きですね。朝の室内の無音と、寝起きの状態により構成された、シリアスな環境により、より感情が動かされます。4話は姉妹愛に溢れた心温まる回です。

橋を渡ったところにある横断歩道です。風さんが、友奈さんにかけられた呪いの影響を受けて信号無視した車にはねられた場所。

 

琴弾八幡宮

そしてすぐ横にある神社、琴弾八幡宮です。東郷さんと友奈さんに、ぼたもちをあげるシーンや、おみくじ引きに来たりしてましたね。

 

友奈さんが徐々に元気がなくなりながらも、心配をかけないように作り笑いをしているのが心苦しい場面であります。

 

観音寺神恵院

観音寺神恵院。ここは、ポスターの場所になります。毎度のことながら何も下調べしていないので、ポスターが何のことか分からなかったのですが、観音寺市が作ってるゆゆゆポスターらしいですね。

 

神恵院には、休憩できる小さなお店があり、グッズなども販売しています。ここで販売している「かるしうむTシャツ」のセンスが良すぎて欲しかったのですがお金がなかったため、友人の東郷さんにスライディング土下座をして、信用と引き換えにお金を借りることに成功。無事購入できました。

 

中には観音寺市のゆゆゆポスターも飾られております。右から二番目が、ここのポスターです。桜の季節にまた来たいですね。

 

勇者専用席に座ります。

 

どこの聖地もそうですが、巡礼ノートに描かれている絵のクオリティが高すぎ~と思ってたら、「ぷにっと」の公式の方らしいです。桜パヘ・・ツンデレ夏凛さん・・良い!!

 

つるや

お昼時になったので勇者部御用達のうどん屋に。

 

メニューは全体的にリーズナブル。

肉うどん。見た目の時点でうまい。

 

黄金(こがね)うどん。

無言で食べ続けました。うまい。

 

豊稔池堰堤 (観音寺市ポスター 乃木園子)

次は、最上さんのガイドのもと、あと10日ほどで、紅葉できれいになる予定の、微妙に染まりきってない山道を登り、豊稔池堰堤まできました。正直、下調べしていないので、ここに来るまでこの聖地の存在すら知りませんでしたが、こうして、知らない場所も隅から隅まで回れるのも先輩方のおかげです。

乃木園子さんが座って空を眺めていた場所がちょうどこのカットになります。園子さんは空を眺めながらここで何を思っていたのでしょうか?僕も同じ場所に座り同じ場所を眺めながら考えたのですが、最終的に、「僕は空ではなく、園子さんを眺めていたいんだ。」ということを考えはじめたところで我に返りました。

 

普通に観光地みたいで、一般の観光客も来ていました。(写真には写っていませんが)

 

銭形砂絵

次の目的地、銭形砂絵に行く途中にある寛永通宝のモニュメント。こちらもアニメにちらっとワンカットだけ出てきます。

 

銭形砂絵の見れる場所に到着しました。結構な斜面を登ってきた場所にあります。

 

銭形砂絵。友奈さんのポスターの場所でもあります。

 

ぬこが出てきたのは大体この辺ですかね。生まれ変わったらぬこになって勇者部に探されたい。

 

有明浜

銭形砂絵から山を下りたところにあるので結構近いです。夏凛さんが練習していたり、EDで歩いてたり、結構な頻度で出てくる場所です。

やっぱり海はいいですね。夏は海水浴とかもできるらしい。

 

エンディングで歩いてた場所がちょうどこの道になります。

 

実際にはありませんが、風さんと樹さんの家がある、という設定の場所。奥の建物のほうですね。

 

琴弾公園の噴水 (犬吠埼風ポスター)

こちらもすぐ近くにあります。渡れるようになってる石の上で風先輩がポーズとってるポスターです。

 

観光案内所

琴弾公園からすぐのところにあります観光案内所になります。観光案内所なのに、パネルが置いてあったり、グッズが売っていたりで、ゆゆゆ勢を歓迎してくれています。

 

隣にある、世界のコイン館にも、グッズなどが売っています。

普段お酒は飲まないですがパッケージにつられて購入。

 

 

高屋神社

高屋神社来ました。途中まで車で登ってこれるのですが、最後は自らの脚力で登らなければたどり着けない聖域となっております。まあ、僕は山登りは嫌いじゃないので、大丈夫ですね。かかってこい。

きれいな山々が広がっててよいですね。

 

わすゆで修行していた場所がここから見えます。銀さんがバス破壊した道路もありますね。

 

高屋神社到着。

きれい・・

友奈さん達が守り抜いた四国は美しい。

 

 

一の宮公園(東郷三森ポスター)

高屋神社で四国の街を眺めた後、一の宮公園にきました。「恋人の聖地」らしいです。

「ねえねえ友奈ちゃん!あの鐘鳴らしてみましょう!」って誘っているシーンだいうのは容易に想像がつきます。東郷さんがこの表情のときは友奈さんといる確率が高い。そして、何も知らない友奈さんが「おもしろそう!」って乗る流れになるのは、まず間違いないでしょう。東郷さんの戦略的な圧倒的勝利。ポスター見てると想像が膨らみますね。

 

観音寺港

夏凛さんと友奈さんのあのシーン、お互いがお互いの事を思うが故の対立に見てるほうも辛くなってきます。

友達との時間を一番大事にする友奈ちゃんにとってはこれ以上無いほどの苦しみだったはず。夏凛ちゃんや、東郷さん、樹ちゃん、風さん、園子ちゃんも友奈ちゃんの苦しみを共有したかったはず。そして、友奈ちゃん本人もみんなに言いたかったけど、友達のために言えない。互いを思うが故のすれ違い。

一度は皆のために死という選択をしたものの、最後の最後で生きることを諦めなくて本当に良かった。

 

泣きそうになったので次へ向かいます。

 

まねきねこ6番ルーム

4話にて、樹ちゃんの歌の練習で勇者部で来た場所になります。4話はかなり好きで3、4回くらい見ています。仲のいい犬吠埼姉妹を見てると、心が暖かくなりますし、なにより、樹ちゃんが超絶かわいい。

6番ルームは他の方が利用していたので、別のルームに入って、空いた時に見せてもらう形になりました。

 

骨付き鳥 味鶴

カラオケの後は夕食で、骨付き鳥を食べに行きました。誰もが思い浮かべる香川県名物といえば当然うどんで、それは、りんごが地面に落ちることと同様に世界の真理として人類に知れ渡っていますが実は骨付き鳥もうどんの陰に隠れながらも、香川名物の座に君臨しています。

我々の行ったところは、骨付き鳥 味鶴です。

最上さんも始めて来るらしいのでどんな味なのか誰も分かりませんが「乃木若葉は勇者である」に出てきた、”一鶴”と名前が似ているので大丈夫だろうと、期待を胸に入ってみました。

骨付き鳥には、「おや」と「ひな」があり、「おや」は歯ごたえがあり、お酒などのおつまみに結構あうらしく、「ひな」は、柔らかく、ジューシーな食感がたのしめるらしい。

全員、「ひな」を注文。食べてみたかったんだよね~これ。

結構味が濃いめで、めちゃうまです!味を表現する言葉のレパートリーが少ないのでうまく表現できませんが、香辛料がきいていて、濃い味が好きな方は美味しく頂けるとおもいます。

 

あと、とりめし。うまい。

つづく・・・

「結城友奈は勇者である」聖地巡礼日記。2018年11月6日【2日目】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です